脱毛ラボが販売した業務用のパワー!家庭用脱毛器「脱毛ラボ ホームエディション」効果や口コミ、購入前に気になる情報を総まとめ

脱毛ラボが発売した家庭用脱毛器「脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボホームエディション

家庭用なのに業務用レベルというパワーがでるということで発売当初から注目されていました。照射できる回数は30万回、全身脱毛約300回分に当たる照射回数。顔や腕、ワキやもちろん、VIOの脱毛も家庭で可能な設計。

 

冷却クーリング機能が搭載されているので、保冷剤やジェルを準備する必要もあります。脱毛しながら冷却できます。

 

脱毛ラボホームエディションの特徴
  • カードリッジの交換不要
  • 全身脱毛は300回分
  • 脱毛と同時に冷却だから保冷剤、ジェルは必要なし
  • VIOの脱毛が家庭で可能

 

全身からVIOまですべて自分で出来るので、エステに行くのが恥ずかしいけど全身脱毛をしたい!という方にオススメの脱毛器です。

 

海で横たわる女性

 

オススメポイント
  • 家庭用なのに業務用レベル
  • VIOを自分で脱毛できる
  • 1台で全身脱毛が300回出来る
  • カードリッジ交換不要
  • 大手サロン脱毛ラボが販売している家庭用脱毛器<>

 

もっと気軽に脱毛したいけど脱毛エステサロンに行くのはちょっと、、、、。

 

業務用レベルの脱毛器を家で気軽な金額で購入したい。
VIO脱毛を手軽に家で始めたい。

 

今の時期だから家にいながら全身脱毛が死体!そんな方に脱毛ラボホームエディションは注目されています。エステだと行かなければいけませんが、脱毛ラボホームエディションなら自宅でマイペースに脱毛できるのが良いポイントですね!

 

\家庭用脱毛器で唯一VIOに使える!/

\限定特典がついてくるのはココだけ/

 

脱毛ラボ ホームエディションの効果

脱毛ラボホームエディションの特徴はこのような効果があります。

 

脱毛ラボホームエディションの詳細

 

効果
  • 全身からVIOを脱毛できる
  • 業務用レベル
  • 肌を脱毛しながら冷却してくれる

 

脱毛ラボホームエディションの大きなポイントは全身からVIOまで全身脱毛ができるということ。

 

特にうれしいのがVIOの脱毛を自分でおこなえるということ!

 

 

これからの季節、理想的な服を着たいからVIOの脱毛をしたい!でも、いくら女性だからといってあらわな姿でVIOを脱毛してもらうのは恥ずかしい(/ω\)


 

脱毛ラボホームエディションVIOを脱毛したいけどエステにいって脱毛するのは恥ずかしい方のために!というコンセプトがあるので、VIOを脱毛しやすい脱毛器の1つ。

 

もちろん、顔やワキ、腕といった脱毛もできるので、一石二鳥の脱毛器です。

脱毛できる箇所は全身とVIOが脱毛できる

脱毛できる箇所

脱毛ラボ ホームエディション毛が生えている箇所全部脱毛できると言っても過言ではない家庭用脱毛器です。

 

VIOを自分で脱毛できるのはうれしいですね。

 

ただ、下記の箇所は脱毛をすることができません。

 

脱毛できない箇所

目、耳、乳首、へその内側、VIOの内側、いぼ、ほくろ、シミが強い場所、傷跡、タトゥー、入れ墨をしている箇所

 

デリケートな部分や外部からの刺激に弱い所、傷跡やキズになっている箇所、シミが強い箇所は脱毛をすることができません。

 

脱毛をしたいと思っている箇所はほとんど脱毛できるのでそんなに心配することではないかもしれません。

 

脱毛ラボ ホームエディションとケノンやノーノーヘアとの比較

脱毛ラボ ホームエディションの他にケノン、ノーノーヘアとはどのように違うのかも比較しました。

 

比較
脱毛ラボ ホームエディション ケノン ノーノーヘア
冷却機能 × ×
脱毛箇所 全身、VIO 全身、VIO 腕、足、もも裏(顔、VIOはNG)
照射回数

約300,000発
(全身脱毛300回分)

38,000発 無制限
カードリッジ交換の有無 なし あり なし(刃の交換はあり)
パワー

 

 

ノーノーヘアは脱毛器としては価格が安く手に入れやすいです。

 

しかし、ノーノーヘアは脱毛器というよりは熱でムダ毛を焼き切るサーミコン式の脱毛器。

 

お肌に優しいですが大きな脱毛効果は期待できないんです。

 

そうなってくると比較したいのが脱毛ラボホームエディションケノン

 

カードリッジの交換ができる点だとケノンがオススメ

 

脱毛ラボホームエディション約30万発使用すると使えなくなります。

 

カードリッジの交換もできないんです。

 

比べてケノンはカードリッジの交換ができるので本体が壊れない限り何回でも使用することができます。

 

カードリッジも約1万円くらいで帰るので無理なく買える値段です。

 

ただ、いろいろな脱毛器を見て思ったのはVIOから全身脱毛をするは約30万回の照射でいいのでは?ということです。

 

脱毛ラボホームエディションケノンも使用頻度は1週間に2回程度

 

ケノンの照射回数が38,000発ということを考えると、実感できる効果がでるのは38,000発以前にでるのでは?と思いました。

 

そもそも、脱毛ラボの脱毛器の約300,000発というのは全身脱毛でいうと約300回出来る照射回数

 

ミュゼや脱毛ラボのエステに行って全身脱毛を300回行おうと考えると、いったいいくらお金が必要なのか分かりません。

 

カードリッジの交換が不要で全身脱毛ができることが前提で作らているんです。

 

合わせて、脱毛ラボホームエディションは業務用のパワーがあることを考えると、脱毛効果を実感するなら30万発が丁度いいのでは?と思いました。

 

パワーと冷却機能が大きい部分で脱毛ラボホームエディションがオススメ

 

脱毛ラボホームエディションの大きなメリットは脱毛エステが作った脱毛器だということと、脱毛しながらお肌の冷却機能が付いているということ。

 

何より業務用脱毛器のパワーがあるのがメリットの1つ。

 

脱毛ラボホームエディションなら、他の脱毛器と比べて、同じ脱毛回数でもより効果が実感できるのは?と感じました。

 

脱毛器を使用するとお肌が思った以上に熱くなりますよね。

 

お肌のケアを大切にしている人にとって脱毛器を使ってお肌が熱くなるのは心配になる点です。

 

私も脱毛器を使って、脱毛器以上にお肌も熱くなっていることに驚きました。

 

その点、脱毛ラボホームエディションは、照射部分に冷却機能部分があり、脱毛時に感じる痛みや赤みを沈静ケアをしてくれます。

 

  • 短期間で効果を実感したい
  • より強力な脱毛器がいい
  • お肌に優しい脱毛器を探している

 

そんな点で脱毛ラボホームエディションはオススメです。

 

 

脱毛ラボ ホームエディションの効果と口コミ

海で遊んでいる女性

体感ですが、10回程度から1ヶ月程度の使用では大きな実感を感じる人は少ないのでは?と思っています。

 

ケノンも大きな実感を感じたり理想的な脱毛具合を感じるには2か月~3か月程度必要です。

 

そう思うと、脱毛ラボの脱毛器も最低3か月(30回程度)は使いたい気がします。

 

ただ、1ヶ月程度の使用で全く効果を感じないということは少ないはず。

 

私の場合、ミュゼで両足の脱毛をした時は2回目に行った段階で「あれっ!少し毛が生えるのが遅くなってきたかも?!」と感じれました。

 

個人差はあると思います。

 

でも、脱毛ラボ ホームエディションのパワーは業務用レベルですし、なんといっても脱毛エステが作った脱毛器なので、早い効果を実感できる人もいるのでは?と思っています。

 

ホームエディションの効果と、実際に効果がどのくらいででるのかを調べましたのでこちらの記事でチェックしてみてください!

 

口コミはこちらの記事で詳しく紹介しています!

脱毛ラボ ホームエディションの使い方

脱毛ラボホームエディションの使い方の使い方は事前準備と実際に使用する2段階あります。

 

始めて使う場合は事前準備をする必要がありますが、2回目以降は実際に使用するだけなのですぐに使用できます。

 

事前準備(始めての時だけ)
  • スキンテストをする

 

使用する
  1. 脱毛する場所の毛をカミソリで切っておく
  2. 脱毛ラボホームエディションを当てる
  3. 赤いランプが点灯したらSHOTボタンを押す

 

スキンテストの方法

スキンテストは脱毛ラボホームエディションを使ってもお肌に異常がないか、強い赤みが出たりすることはないか確認するのに必要な大切なことなので必ず行ってください。

 

スキンテスト方法
  1. 本体の出力レベルを1に設定
  2. 肌に当ててSHOTボタンを押す
  3. 痛みが感じない範囲でレベルを上げてカラーチャートを参考に、出力レベルを上げていく
  4. スキンテスト後、24時間待ち、お肌の状態をチェック。

 

ものすごい赤くなったりしてしまったら、スキンテスト時に最大まで上げた出力よりレベルを下げて使ってください。

 

使用方法

  1. 使用する箇所の毛をカミソリで剃る
  2. 脱毛したい箇所に本体を当ててSHOTを押す

 

 

脱毛ラボホームエディションの使い方はたった2つ。

 

本体を脱毛したい箇所にあててSHOTボタンを押すだけ。

 

簡単ですね。

 

本体を体に当てた時は脱毛ラボの冷却機能でヒヤッと感じますが、このヒヤッとすることでお肌が熱くなるのを防いでくれます。

 

冷却機能は他の脱毛器にはないのでうれしいです。

脱毛ラボ ホームエディションを購入できるのは通販か脱毛ラボのエステの2か所のみ

脱毛ラボホームエディションを購入できるのは通販か脱毛ラボのエステでしか購入することができません。

 

購入できる場所
  • 通販
  • 脱毛ラボエステ店頭

 

市販では売られていないので店頭に並ぶことはありません。

 

脱毛ラボに通っていないのでのであれば通販で購入しないと手に入れることができないんですね。

 

修理の保証は1年、返品も対応

  • 保証期間は1年
  • 故障時も対応可能
  • 保証期間後の修理対応は有料

 

保証期間は1年間。

 

異常かなと思ったら連絡をすれば対応をしてくれ、郵送で送って修理をしてもらうことになります。

 

送り先は公式サイトに記載がありますので、気になる方は確認してみてください。

脱毛ラボホームエディションの購入前に気になるQ&A

脱毛ラボホームエディションを購入するなら気になるであろうことをQ&A方式でまとめました。

 

脱毛ラボホームエディションでほくろ周辺は脱毛できるの?

脱毛ラボホームエディションはほくろ周辺の毛であれば脱毛をすることができます。ただ、公式的には脱毛ラボホームエディションは光脱毛方式なので、ほくろの上をを脱毛するのは推奨していませんでした。

 

ただ、他の方のブログや口コミを見るとほくろの箇所に白い丸いシールを貼ったり、コンシーラーを塗ってほくろの上を脱毛している方もいました。

 

さすがにほくろに生えている毛に対して脱毛ラボホームエディションを使うのはやめといたほうがいいと思います。

 

だた、ほくろの上を通過するくらいであれば白い丸いシールを貼ったり、コンシーラーを塗って対処できると思います。

 

出力を低くして試してみるのもいいかもしれません。

 

 

脱毛ラボホームエディションでは毛が抜けないケースがある?

脱毛ラボホームエディションはいくら業務用レベルの照射力とはいえ家庭用には変わりません。口コミを見ると、なかなか毛が抜けない!といった口コミを見ることもできます。

 

毛が抜けない場合はおそらく照射力不足や照射漏れの可能性があります。

 

毛が抜けない箇所から始めに脱毛を始めたり、ゆっくり脱毛をしてみるなどしてみると抜けやすくなることが考えられます。

 

脱毛ラボホームエディションを使う頻度は?

脱毛ラボホームエディションを使う頻度は2週間、長くても8週間くらいに1回使う頻度が目安です。

 

早く脱毛の効果を得たいからといって使う頻度を上げてしまうと、お肌を痛めてしまう可能性があります。脱毛をするとお肌が赤くなってしまいますよね。

 

始めて使う場合はお肌の様子を見ながら2週間~3週間に1回程度。

 

脱毛に慣れてきたらお肌の様子を見ながら脱毛する期間を短くして見るのもいいかもしれません。

 

脱毛ラボホームエディションは男性も使えるの?

脱毛ラボホームエディションは男性でも使うことは可能。顔や腕やワキ、VIOに使うことが可能です。

 

ただ、男性は毛が剛毛なので、女性に比べて脱毛効果を感じにくいと思います。すね毛やワキ毛がそうですね。

 

脱毛ラボホームエディションを男性が使う場合は効果を実感するのに時間が掛かると思いますが、使い続けることで効果を実感できます。

脱毛ラボが作った脱毛器だから期待できる!

脱毛ラボが作った家庭用脱毛器「脱毛ラボ ホームエディション」。

 

  • 業務用のパワーで自分で脱毛できる
  • 全身脱毛&VIOができる
  • 冷却機能が付いているから安心

 

脱毛ラボが直接作った家庭用脱毛器なので、信頼がおける脱毛器だと思います。

 

脱毛をしたいけどなんか恥ずかしい!と思っていた方はぜひ試してみてください。