脱毛ラボホームエディションでホクロがある箇所の脱毛ができる

脱毛ラボホームエディションがほくろがある箇所、ほくろがある周りの脱毛に適している家庭用脱毛器。

 

脱毛ラボホームエディションは、脱毛しながら脱毛箇所を冷却してくれる冷却クーリング機能があるから、他の脱毛器に比べてほくろがある箇所への脱毛にオススメの脱毛器なんです。

 

公式的には脱毛ラボホームエディションでほくろがある箇所への脱毛は推奨されていませんが、ほくろにコンシーラーを塗ったり、100均で白い丸いシールをほくろに貼って脱毛をしている方がいます。

 

脱毛ラボホームエディションはエステサロンと同じ業務用パワーに合わせて照射力のレベルを選べるのでほくろやシミがある箇所の脱毛に使いやすい脱毛器なんです。

 

価格 月々2,708円(一括71,478円)
脱毛方式 IPL脱毛(フラッシュ脱毛)
製造国 日本
保証 1年間無料交換保証
特典 公式サイト限定特典付き
付属品 本体、電源アダプター、ゴーグル、取り扱い説明書

\脱毛ラボで使える脱毛エステ券付き!/

背中の脱毛もできちゃう!

 

 

脱毛ラボホームエディションでほくろがある箇所の脱毛方法

脱毛ラボホームエディションを使っている方の口コミを見ると、ほくろがある箇所の脱毛はこのように行っていました。

 

  • ほくろに100均に売っている白い丸いテープを貼る
  • コンシーラーでほくろに塗る

 

ここで紹介する方法は脱毛ラボがオススメしている方法ではありませんし、ここで紹介している方法なら絶対にほくろが守れる!という訳ではありません。

 

しかし、脱毛ラボホームエディションを使っている方の口コミを見ると、実際にこの方法で脱毛ラボホームエディションを使っているので紹介します。

 

100均で白い丸いシールをほくろに貼る

脱毛サロンでほくろに近い箇所を脱毛すると、ほくろに保護シールを貼りますよね。
脱毛サロンで使う保護シールを市販で売られている白い丸いテープで代用してほくろを保護する方法です。

 

ニチバン/マイタックラベル円型白 直径20mm12片×15シート/ML-1715

価格:204円
(2020/8/26 13:57時点)
感想(0件)

 

 

100均でも買えるので探してみてください!
シールの色は絶対に白!

 

脱毛ラボホームエディションの脱毛する仕組みは、脱毛器が黒に反応して光を出す仕組み。

 

間違って黒いシールを貼ってしまうと大変なことになってしまいます(笑)

 

コンシーラーを塗る

コンシーラー

 

手軽に今すぐほくろを保護したい!という方はコンシーラーを使ってみてください。

 

ほくろの上にコンシーラーを塗るだけで脱毛器がほくろに反応するのを抑えることができます。

 

ただ、コンシーラーに脱毛ラボホームエディションが擦れることで落ちてくる可能性もあるので、コンシーラーを塗った部分を何回も脱毛する場合は気を付けてください。

脱毛ラボホームエディションの冷却クーリング機能がほくろに効果的

いろいろな脱毛器をみて思ったのは、ほくろやシミがある箇所を脱毛するなら脱毛ラボホームエディションがオススメなのでは?と思いました。

 

その理由は脱毛ラボホームエディションについている冷却クーリング機能

脱毛ラボホームエディションの冷却クーリング機能

 

脱毛ラボホームエディション以外の脱毛器ですと、脱毛をしながら冷やさないといけません。

 

しかし、脱毛ラボホームエディションであれば、脱毛をするのと同時に冷却ができますので、他の脱毛器に比べて脱毛器を使う上での感じるお肌の負担を素早く対策することができます。

 

お肌を痛めないのは早い対策が必要ですからね。

 

そう思うと脱毛をしながら冷却してくれる脱毛ラボホームエディションはほくろがある箇所を脱毛するのに良い脱毛器だと思います。

 

 

ほくろの周辺の毛であればほくろを避けて脱毛することで対処可能

脱毛ラボホームエディションは公式的にはほくろがある箇所への脱毛はオススメはしていません。

 

しかし、ほくろがある周辺部分の脱毛は問題なくできます。

 

ほくろを避けながら脱毛をすれば問題ありません!

ほくろに生えている毛を脱毛するのはオススメできない

ごくまれにほくろの上に毛が生えている場合がありますよね。

 

ほくろの上に生えている毛はものすごく目立つから、どうせなら脱毛器で無くしてしまいたい気持ちは分かります。

 

ただ、ほくろの上に生えている毛に対して脱毛ホームエディションを使うのはオススメできません。

 

オススメできない理由
  • ほくろに直接光を当ててしまうから

 

脱毛ラボホームエディションだけでなく光脱毛器は毛だけに光を当てれる構造にはなっていません。

 

ほくろの上に生えている毛に対して照射するということはほくろにも光が当たってしまうということ。

 

ほくろに脱毛をする光が当たってしまうと炎症やお肌への負担が高くなってしまいリスクがあります。

 

なので、ほくろの上に生えている毛に対しては脱毛ラボホームエディションでの脱毛はオススメできません!

 

と、いうかしないほうが良いです!

ほくろがある箇所の脱毛は休み期間を長めにする

休憩をしている女性

 

ほくろにコンシーラーや白い丸いシールを貼って脱毛をした。ほくろを避けて脱毛をした。

 

このように脱毛をすればほくろの箇所からのお肌への負担は軽減されるので、大きな心配はありませんし、脱毛問題なくできるハズ。

 

しかし、ほくろがある箇所への脱毛はどうしても心配になってしまい照射力を抑えて脱毛をすることも多いですよね。

 

なので、他の脱毛箇所に比べて脱毛力を感じにくいこともあります。

 

しかし、いくらほくろの箇所をカバーしているからといって他の箇所と同じ回数で脱毛をするのはオススメできません

 

いくらほくろをカバーしているからといって、完ぺきにカバーできているとは限りません。もしかしたら、完ぺきにカバーできていないこともあり知らず知らずにお肌へ負担を溜めているかも

 

なので、脱毛が慣れないうちはほくろが生えている箇所への脱毛回数は他の脱毛箇所に比べて長めにお休みをしたり、脱毛回数を少なくしてみるのがオススメです。

シミがある箇所は照射力を弱くする

シミがある箇所も白い丸いシールやコンシーラーでカバーして脱毛をすることができます。

 

シミの大きさにもよりますが、シミの形によっては完璧なカバーが難しい場合もあるので、シミの箇所を脱毛する場合はしっかりカバーできているか確認してから脱毛をして下さい!

脱毛ラボホームエディションはVIOの脱毛も可能

脱毛ラボホームエディションは家庭用脱毛器では珍しいVIOの脱毛も可能。

 

 

自分で脱毛をしている姿を想像してしまうと恥ずかしいですが、人にやってもらうよりは恥ずかしくないです。

 

VIOを自分で脱毛する前にまずは自分で脱毛したい!という方も脱毛ラボホームエディションは使いやすいはず!

脱毛ラボホームエディションはほくろの箇所も脱毛可能

脱毛ラボホームエディションでほくろの箇所の脱毛は可能。

 

脱毛ラボ公式的にはほくろの上の脱毛は推奨はしていませんが、脱毛ラボホームエディションを使った方の口コミを見ると、丸い白いシールやコンシーラーを塗って脱毛をしている方が多くいました。

 

注目のポイントは冷却クーリング機能かもしれません。

 

実際にどんな脱毛器なのか、公式サイトで詳しく見たい!という方は脱毛ラボホームエディション公式サイトを見てみてください!